価格帯で検索 価格帯で検索

新型コロナの切り札 i-deerマスク

新型コロナ対策の切り札 i-deerマスク


前i-deerマスクお買い上げ頂きました皆様、有難う御座いました。
前モデルは研究者様用で圧倒的な性能を誇りますが、4本ワイヤー使用の為、慣れが必要で 普通のマスクより装着性が困難な所が欠点でした。(高齢者の方にはより困難でした)
2月末、突然の新型コロナ対策での緊急性で当社キョンセームをお買い上げ頂きました お客様にコスト提供させて頂きました。 (マスクの転売などが発生し続け、今はマスクで利益を得る状況では無いと判断させて頂きました)
新型のi-deerマスクは高齢者の方にも簡単に装着出来、デザイン性・マスクの暑さ対策・ マスク内の吸気流動・息のし易さなどを考えつくしたモデルです。
性能面で言えば、前モデルを正しく装着して頂いた時を100とすると新モデルは95ですが、 簡単に正しく装着できる事・デザインの上品さ・洗い易さ・耐久性などを考慮すると、 旧モデルより優れています。
新モデルは当業界の復興事業とし、パンデミックが起き貿易が途絶えても流通不可能にならない為、また、日本の技術で確かな安全を得る為に、 全てをMade in Japanとした事で価格がアップした事を謝罪申し上げます。
色々な報道番組などでも新型コロナへの切札とi-deerマスクを取り上げて頂きました、 報道通り切札としてお使い下さい。

               

・特長

濾過性能に徹し、人体に悪影響を与えないフィルタリング専用キョンセームを新開発、使用した新型i-deerマスクです。

不織布の繊維間隔では活ウイルスを防御する事は不可能です。




キョンセームフィルター繊維細胞はウイルスの1/100以下が数百層に重なり、物理的に通貨不可能です。



ウイルスは基本的に飛沫により拡散します。また、ウイルスは飛沫と言う水分の中で生息可能です。飛沫水分がなくなると数秒で不活性化し、キョンセームの持つ内部強アルカリにより死滅します。
活きたウイルス(インフルエンザH1N1・最小ウイルス ファージ)による浮遊遮蔽率試験と阻止率試験し超高性能を証明した唯一の市販マスクです。(北里大学試験センター)

>試験結果へ



・使用方法


マスク本体にキョンセームフィルターをロゴの入った面をご自分に向けてセットし、カバー閉めてマジックテープで止めた部分が下になる様に装着して下さい。
マスクは飲食時などは外す物です、外される時は付属アトマイザーに市販65%以上のアルコールを入れ、マスク本体部・フィルター部に噴霧し、アルコール揮発を防ぐため、必ず付属殺菌袋に入れ封鎖し3分以上放置した後、ご使用少し前に取り出しアルコール分・アルコール臭を飛ばして下さい。



・注意事項


運輸法上60%以上のアルコール付属させることが出来ませんので、申し訳ございませんが薬店などで殺菌用アルコール65%以上を買い求め下さい。
*アトマイザーにアルコールを入れる際、少々困難です。スポイトをご使用いただけましたらスムースに入れて頂けます。