価格帯で検索 価格帯で検索

キョンセーム

>キョンセームクロス     >スキンケア用     >燃料・オイル濾過    >オーディオ用


キョンセームとは

>赤土のキョン」を独特な複合鞣しをした後、魚油還元処方を施し、吟面(表面)を使用し、キョンの欠点で有る、喧嘩傷(角傷)等の少ない物を定義されます。

また、セーム皮の名称で、ゴート(山羊)やペッカリー(豚)等を使用した物も有る事が残念です。

色々な物のお手入れ、保管、工芸などに使用され続けられました。

キョンセームは手入れし、綺麗にするだけではなく、目に見えない塩素吸着分解能力・殺菌能力・ガス分解能力等多くの能力を持つ事を理解され「代替え品の無い物!」と言われます。

現在、これらの能力を活かしたスキンケア商品や医療向け商品などが注目を集めています。



市販セームとの違い


一般に市販されているセーム皮とは異なります。

セーム皮はキョンの場合でも、基本的に床面(裏面)、粗悪な吟面を使用し、傷を縫っていますので縫い糸がお手入れする物に悪影響を与えます。

また、セーム皮の名称で、ゴート(山羊)やペッカリー(豚)等を使用した物も有る事が残念です。

人知が適材としたキョンセームとは大きな違いが御座います。



鹿皮の誤解


一般的に「鹿皮」は和鹿皮と誤解されますが、日本では1000年以上前から「鹿皮=キョン皮」です。

古来から鹿皮と言う言葉は通常キョン皮を指し、和鹿の皮を指す言葉では有りません!

和鹿の皮は「和鹿皮」と呼ばれます。

キョン皮は1800年程度前から現在まで、輸入され続けています。

理由は、キョンは世界中多くの品種の鹿科と牛科の鹿が存在しますが、キョン皮は多くの能力と、能力に対しての最高の性能を誇り、これらの中では圧倒的に品質第一位なのですが、和鹿皮にはキョンのような能力はほぼ無く、鹿皮の品質ランクも再開に近い物です。

事実、日本では歴史上、和鹿皮はほぼ使用されませんでした。

これは本物を求める日本人の気性とも言えます。

上記誤認知が、過繁殖和鹿皮の有効活用などでの商品開発が30年間以上、確立出来なかった理由の一つです。



12,000 
4,500 
12,000 
2,000 
12,000 
1,450 
3,600 
1,950 
500 
+
3,800 
2,650 
1,950