株式会社春日は、ミンク・レザー・漆革(印伝)・毛皮・ムートン・ファー・ガーメント バッグ・セーム皮・鹿皮・キョンセーム等を取り扱い致してります。

株式会社春日

お気軽にお問い合わせください。0745-84-9034


トップページ > 製品紹介 > キョンセームのご紹介

キョンセームのご紹介

当社ではキョン原皮産出の中心地、中国江西省にキョン原皮収集、集積工場を持ち特級・1級のキョン原皮を収集集積し、乾皮処理を行い輸出し(本社へ)当社本工場で日本また当社独自のナメシ処方により柔制し、さらにキョンセーム技法独特の魚油還元法にて唯一本物のキョンセームを作り出しています。

キョンは日本では卑弥呼の時代から、中国では3000年前周の時代から最高の物として伝わり、日本では鹿信仰の中心(鹿信仰の殆どは和鹿ではなく、このキョンを指しています)になり、地位の象徴とまでされたキョンをキョンセームとして皆様に最高の性能と最高のお使い心地をお届け致します。

歴史に裏付けられた性能・能力をお試し下さい(キョンの歴史)

※なお現在日本ではセームの類似品・粗悪品ばかりが出回っています、ご注意下さい!!
この理由を(セームの現状)で説明しています、ご覧下さい。
本物の証「ジャパンブランド」認定。

現在のスーパークロス・人口クロスとの比較

キョンセームはよく人工のスーパークロスなどと比べられますが、全く比べる物では有りません、人工クロスは吸水性また物を拭いて綺麗にする・・ 能力ですが・・・キョンセームにとってこれらの能力は当たり前のことで決して人工クロスに劣ることは有りませんが、 本来のキョンセームの能力は、その加脂・除脂性能に有ります、 人工品や類似品では比べる事自体間違っているのです。 本来のキョンセームの能力をお試しください!

キョンセーム 対 最新スーパークロス比較画像 アクリル板に指紋を付け最新の有名スーパークロスとキョンセームの拭き取り後の電子顕微鏡写真 ◎同圧力で1回のみ拭き取り作業をした物の比較です。人口ス−パークロスは汚れが伸び線傷を付けているのに対しキョンセームは全て拭き取られているのが電子顕微鏡で見れば一目瞭然です。

PAGE TOP

楽器はそれ自体工芸品で特に年代を持つ楽器には現在では不可能な技法・手に入らない素材等が多くあり、大量生産技術の進んだ現在の品質、音質は反比例している事が多く、 良いものは一部の技術者様により手作りされているのが現状で、この場合最適な素材入手に大変苦労されています。

また大切に手入れ・保管管理され、年代が味付けしている物は決して同じものを作る事は出来ず、如何に正しく手入れし管理して行くかが大きな問題で、名器にいたっては文化その物を伝えて行く事と同じです。当社キョンセームは正しいお手入れに最大の効果を発揮したします。本物には本物を持ってお手入れすることが重要です。是非当社キョンセームをお試しください。

キョンセームはご使用目的により、より良いご使用感と能力を発揮させる為、柔制度・魚油還元率・厚み等を調整させて頂いています。ご使用目的に合ったキョンセームをご注文ください。またご要望が御座いましたら出来る限り、お望みに合うキョンセームをお作り致します、ご遠慮なくお問い合わせください。

下記のカテゴリーからお選び下さい。

バイオリン・チェロ等 サックス・トランペット等
(金管楽器)
ギター・ウクレレ等
ピアノ・エレクトーン等 ドラム類等 クラリネット・フルート・ファゴット(木管楽器)等
リコーダー・尺八・雅楽楽器等(和木管)    

バイオリン・チェロ等

数百年を得たニスにも安心して使え、ニス塗装面に最適の潤いを与え、本来の色・艶を蘇らせると共に最高のご使用感を得、ニス塗装粒子の中に入り込み汚れを取り去ります。ストラディバリウス・ガルネリ等にも、これ以上の物は無いと評価されています。

ご使用方法

楽器のお手入れには、まずキョンセームのみでお試し下さいませ、ニス塗装面に最適な加脂をし潤いを与え 光沢も出していきます、また湿度調節能力にも優れていますので保管にも最適です、 ケースの中に入れていただくだけでも効果があります、楽器の細い線傷などが御座いましたら、 キョンセームを二重、四重に折り研磨していただくことも出来ます、絶対に楽器には傷を付ける事は有りません、 キョンセームが汚れましても汚れを楽器に戻す事、付ける事はありません、かなり汚れまして汚れが目立ちましたら、ぬるま湯で普通に石鹸で手洗いしてください、乾燥だけは陰干しし80%(まだ少し濡れている程度)乾燥時に手で揉んでください、すぐ風合いを取り戻します、また傷を付ける様なことは絶対に有りません、 逆に今までの傷も薄れさせて行きます1~2回洗って頂いてからが100%の能力を発揮いたします、耐久性には優れていますので 長くお使い頂ければ幸いです。


キョンセームの最適なサイズ

キョンセームバイオリン・チェロ弦楽器用 15デシ
20デシ
4,600円
6,900円
細部のお手入れ 15cm×15cm 1,200円
弓のお手入れ 12cm×12cm
15cm×15cm
420円
1,200円

金管楽器・木管楽器・ピアノ・サックス・トランペット・フルート等

金・銀メッキ・純銀・ステン等にキョンセームは、その粒子の細かさ(15オングストローム)によりメッキ面・塗装粒子に入り込み汚れを落としていきます、またキョンセーム独特の加脂能力で、楽器に自然な光沢を与え、年代のある楽器でも蘇らせます。

また、キョンセームは湿度調節能力に優れていますので保存にも最適です、(ボックスに入れて置くだけでも効果を表します)

最適な大きさ

一枚物

15デシ 4,600円
20デシ 6,900円
25デシ 9,500円
25cm×25cm 3,600円
30cm×30cm 4,600円
35cm×35cm 7,200円

一枚物

15cm×15cm 1,200円
20cm×20cm 1,800円

管中用 キョンセーム屑

1KG 4,800円(送料込)

サイズ

注意:金管楽器と木管楽器ではキョンセームの使用は異なりますので ご注文の再は楽器の種類をお知らせ下さい。


サイズ見本

PAGE TOP

カメラ・レンズ用キョンセーム

レンズ・フィルターのお手入れにはアルコール類、レンズクリーナー類を お使いにならずキョンセームのみでお試し下さい、ペーパーなども不要です、 どうしても取れない皮脂汚れ等は、キョンセームの端をすこし濡らし絞ってからその部分にお使い下さい。
カメラ本体のラッカー塗装にも無論最適で塗装表面に入り込み最適な加脂をし自然な光沢、艶を出していきます。

保管にも最適で湿度調節能力に優れていますので望遠レンズなどのカビ防止にも力を発揮いたします。

最適な大きさ

カメラ本体 15デシ・20デシ・25デシ
レンズ・フィルター 12デシ・15デシ・20デシ
望遠レンズ 15デシ・20デシ・25デシ
12cm×12cm 420
15cm×15cm 1,200円
20cm×20cm 1,800円
一枚物15デシ 4,600円
一枚物20デシ 6,900円
一枚物25デシ 9,500円

サイズ

注意:金管楽器と木管楽器ではキョンセームの使用は異なりますので ご注文の再は楽器の種類をお知らせ下さい。


サイズ見本

PAGE TOP

メガネ・サングラス用キョンセーム

メガネ・サングラスなどのお手入れにはこれ以上のものは有りません!
昔はメガネを買うとセームが付いてきた物ですが、粗悪品の氾濫と人工クロスの登場により今は無くなり本物を知っておられる業者様のみがお使いいただいている程度です、粒子の細かさ 耐久性、湿度調節、加脂・除脂、保管の各能力に優れ、ほかでは絶対真似の出来ないものです、 耐久性には優れていますので長くお使い頂けることが出来、使い込んで味の出たキョンセームは 手放せない逸品となります。

ご注意

キョンセームは新品より使い込んで頂くと更に良くなっていきます!
キョンセームの新品は何時でも当社がご用意させていただきますが、数年お使いになり味の出たキョンセームは手放せない物になっています、紛失にご注意下さい!

最適なサイズ

5.5cm×9cm 300円 (名刺大)
12cm×12cm 420円
10cm×15cm 600
15cm×15cm 1,200円 (1日先着50枚まで特別価格にてご提供致します
20cm×20cm 1,800円

ご進物・ノベルティーに最適です!

ロゴ・PR文章等をシルク印刷可能です
キョンセームは非常に便利な物ですので確実にお手元で長くお使い頂けます、また最近お客様のアイデアにより名刺としてお使い頂き好評を得ています。

シルク印刷は300枚から承らせていただきます。
版代金・印刷代金は別途申し受けます。

サイズ見本

PAGE TOP

車・バイク用キョンセーム

洗車時の水分除去にお使いの時は、ボンネットなどにキョンセームの頭を上に後ろ両足部分を下にし広げ、両後ろ足部分を両手で持ってボンネットなどに沿って引っ張って下さい、これだけで水分を除去致します。「絶対に傷を付けることは御座いません」

※ノーワックスでお試し下さい。自然な光沢とキョンセーム独特の潤い感のある艶が出てきます。

最適な大きさ

ボディー用キョンセーム1枚物

15デジ 4,600円
20デジ 6,900円
25デジ 9,500円

車内用キョンセーム(液晶・ナビ画面などには最適で車内の必需品です!)

10cm×15cm 600円
15cm×15cm 1,200円
20cm×20cm 1,800円
25cm×25cm 3,600円

セームの使い方は下記の様に一般的には認知されていると思います。
(1)セームを使って車を洗剤などで洗うクロスとして
(2)洗車後の水分を拭き取る(スパークロス的に使う)

上記の2通りが一般的な使い方と思いますが、キョンセームの性能はこれだけでは有りません、 上記の様にお使いになっても無論他を上回る性能を発揮いたしますが、下記がキョンセームのキョンセーム たる本物の由来です。

■洗車水分を拭き取り後、最後の仕上げに使う(艶出し)
この使い方は塗装面の粒子に入り込み長微細な埃等を書き出し、ワックスの様に塗装表面に載るのではなく粒子単位にキョンセーム独特の加脂し潤いまで与えます。
(打ち鍛えられた日本刀・鋼にも使われ同じ使われ方をします)

■塗装面の細かい傷などにはキョンセームを2重・4重に折って 使って頂く事により、絶対に傷を付けない研磨材としてもお使い頂けます

キョンセームをお使い後乾燥させる時、陰干しし80%(まだ少し濡れている程度)乾燥時に良く手で揉んでから最終乾燥を行ってください。

PAGE TOP

ご家庭用キョンセーム

「プラズマ・液晶大型TV、PC画面、鏡、ガラス、金銀製品、キッチン上面、陶器類、銀食器、蛍光灯、などなど・・」

ご家庭用キョンセーム

キョンセームは元々どんな物のお手入れにでもお使い頂けます!

キョンセームの能力はお手入れする物を拭いて綺麗にするだけの物では有りません。
勿論上記の作用には圧倒的に優れていますが、本来の能力はその加脂・除脂能力にあり、油分が必要でない物からは油分を取り除き・油分が必要な物には最適な加脂をし、潤いまで与えます。

ご家庭内どんな物にも使え必需品です!

大きさは基本的にご使用用途により異なります。
お好きな大きさをお選び下さい。

キョンセーム価格表

正方形

10cm×10cm 360円
12cm×12cm 420円
15cm×15cm 1,200円
20cm×20cm 1,800円
25cm×25cm 3,600円
30cm×30cm 4,600円
35cm×35cm 7,200円
40cm×40cm 12,000

一枚物

約12デシ 3,000円
約15デシ 4,600円
約20デシ 6,900円
約25デシ 9,500円

長方形

10cm×15cm 800円
15cm×20cm 1,600
20cm×25cm 3,000円
25cm×30cm 3,400円
30cm×35cm 6,500円
35cm×40cm 9,000円

ハンカチ・柄入り

15cm柄入り 1,600円
20cm柄入り 2,200

サイズ見本


PAGE TOP

洗顔・クレンジング用キョンセーム

日本よりもヨーロッパ・アメリカで洗顔用・クレンジング用・パックシートとして反響を得ています。

エステシャンの基本は出来るだけ細かい泡を立てる為の練習を行い・・またこの細かい泡が洗顔やクレンジングに必要となります、しかし一般的にタオルやクロス類では細かい泡は得られません、キョンセームを使うと泡立ち難いのですが、その超微粒子細胞(15オングストローム)の鹿コラーゲン繊維が非常に細かい泡を勝手に立て洗顔、クレンジングに役立て、またこの超微粒子鹿コラーゲン繊維が肌細胞に詰まった汚れを掻き出してくれ黒ずみ等を解消し、角質を落とし、独特の加脂能力により潤いを与えます。

使用方法

【クレンジング】
お湯に良く濡らして、クレンジング剤(液状以外をご使用下さい)を 付け少しだけ泡だったら直接円を描くようによく洗ってください。
洗いごこちは、ぬるぬる感で一杯です、好き嫌いは有ると思いますが続けてください。
又、肘や膝等の黒ずみ等にも最高で体全体使用していただけます。
使用後はお湯で流して頂くと石鹸分がすぐなくなりますので、簡単に洗ってそのままお風呂場にでも掛けて 乾燥して下さい、気を使っていただく必要は殆ど有りません。
乾燥すると硬化しますが、再度お湯を掛けていただくか、手で揉んで頂くとすぐに、やわらかさを取り戻します。

【洗顔】
洗顔にお使いの場合はお湯で良く濡らし、洗顔石鹸等を皮に付け少し泡が立った所でお使いください。
乾燥は自然乾燥で結構です、硬化しますが手で揉むか、再度お湯に濡らすと元どおりになります。

ご注意

初めの一回目だけはセームを良く洗ってお使い下さい。ニオイ等も1回で殆ど抜けます。
何万人に一人の割合で(皮アレルギー)の方が居られますので、お肌に合わない時は御使用をおやめ下さい。

※乾燥させて、ずーーと忘れていて、カビなどが出ましたら、カビが落ちるまで丁寧に洗ってください。
(カビの種類により黒ずみが残る事がありますが使用可能です)

最適な大きさ

20cm×20cm 1,800円
25cm×25cm 3,600円
30cm×30cm 4,600円

全身用

一枚物25デシ 9,500円


PAGE TOP

競泳用(水泳・シンクロ等)用キョンセーム

オリンピックでドイツの水泳選手団が使っていたのが最初で(ホワイトテール種の鹿を油ナメシした物を使っていました)その時の日本選手団が、その良さを実感し国内に広めました。
ホワイトテール種よりもキョンの方が数段性能が上で吸水性は勿論、保温性に優れていますのでシャワーなどの熱めのお湯で温めてお使い頂くと身体を冷やさず最高の使い心地です

日本では化学クロスを~セームと名付けて販売していますが本物はこのキョンセームです!
性能は比べ物にはなりません、また全く違う能力を持ちます。

最適な大きさ

1枚ものデシ

20デジ 6,900円
25デジ 9,500円

繋ぎ合せ長方形

60cm×60cm 18,000
60cm×80cm 23,400

サイズ見本

PAGE TOP

キョンセーム・スピーカーエッジ加工

オーディオ業界でセームを使ったセームエッジが数年来話題を呼びインターネット等で紹介されていますが、非常に間違った事が多く、私たち鹿皮・セームのプロとして驚いていました、当社本物のキョンセームを皆様に知って頂く為、各方面努力させて頂いていますが、このセームエッジも余りにも間違った事が多く、当社自身で新部門として立ち上げてみました、理由はこのセームのエッジ加工はオーディオショップ様の仕事ではなく、セーム・キョンセームを知り尽くした皮職人の仕事である事を確信したからです、本物のキョンセームのエッジをお試し下さい。

キョンセーム・スピーカーエッジ加工


キョンセーム・スピーカーエッジ加工

間違ったセームエッジでの知識(インターネット等で掲載されている物)

現在ネット上、雑誌などでセームエッジの自作方が記載されていますが、驚く様な事が多く・・活字としてこの様な事が出回ると大変な事になりかねません。
SPエッジ素材に一番重要な性能は伸縮性能・耐久性です、キョンセームはこの2点に置きましても圧倒的な性能を誇ります。

※キョンセームでのエッジ張替えは修理ではなく、完全なSPチューニングです!

黒セーム

本物のセームまたはキョンセームは黒に染色した物は有り得ません!
たとえ当社のキョンセームを黒に染色しても、染色上がりの皮はキョンセームとは言えません!セームの特徴的なセーム色は染色した物では有りません、魚油還元時に自然に発色した自然色です、 特に濃い色に染色する場合、色が濃ければ濃いほど染色温度は高くなり70度弱の温度での染色となり、この温度ですと本物のセーム・キョンセームでもせっかく入れた魚油成分が流れ出してしまいセーム独特の伸縮性を失います。上記の理由で、染色したセームなど有得ないのです、ご注意ください。

セームエッジのドーム成型

セームエッジをドーム成型し製作する方法、製品などが有りますが エッジに一番大事なのは伸縮性です、ドームを成型するのに伸縮性を殺し糊・樹脂などで成型するのは全く理解できません、あくまでも本物のセーム独特の 類稀な伸縮性こそがセームエッジの命です。本物のセームエッジは劣化したエッジを 修理し音が出る様にするだけでは有りません。完全なSPチューニングです。

PAGE TOP

セームの現状とキョンセーム

現在日本の市場では本物のセームは出回っていません、カメラ店、楽器店などで本物を扱っておられる所は殆ど無いに等しいと思います。ましてや、大手の車用品店、ホームセンターでは絶対に無理です。

これらの責任は私たちにあります。(私たちの先輩)当社本社地は奈良県宇陀郡菟田野町と言いまして本当に山の中です、車で5分走れば東吉野村です、ここは日本でも唯一の毛皮鹿皮の地場産業をもつ生産地です。
昭和40年代には成人人口の80%がこの産業に係わった程なのですが・・毛皮の部門では日本で唯一のプロの集結地であり、アパレルとの取引もかなり有り、毛皮で本当によい物を扱うには私たちと取引、提携するしかないでしょう・・しかし、鹿皮はそのシェアの95%を確保しながらセーム対してはこの有様でした。

これは鹿皮の売上げの85%は剣道具を中心とした武道具で私たちが鹿皮と言うと武道具用です。セームは3%の数字も持っていません、また、武道具用のほうがはるかに利益率も良いからです。

本来の理由は昭和50年代まではメガネやカメラを買うとサービス品でセームが付いて来ていたのが普通でした、車の場合の各メーカー愛車セットの一部として付属品になっていました、しかし、これらは私たちが直接売っていたのではなくブローカーが中に入って卸していたのです(当地域は田舎で生産は完全なのですが、営業は全く致しませんでした) このブローカーが安売り合戦をし粗悪な物を持って行き、それと同時期に人工のメガネ拭き・クロス、今はスパークロス等が出回り、メガネ・カメラのメーカーもコストの面もあり殆どが人工品になったのです、様は粗悪品、類似品と人工クロスを比べて人工を選択したのです。

この状態を私たちの先輩たちはバカなブローカーが悪い物を持って行くからだ・・と笑っただけだったのです、自分たちの利益に殆ど関係なかった為・・・また、再度自分たちで営業に行く事もしませんでした。

“自分達にとって鹿皮は武道具なのですが、消費者様にとっては鹿皮とはセームだった事を完全に忘れていました”

勿論メガネ業界・ハサミ業界・楽器業界でも品質に拘るところは、この本物のセーム以外使わず現在に至っているのが当社のセーム3%の売上げです。
上記の状態では完全に本物が忘れ去られてしまう・・・また、人工では絶対に有り得ない性能を本物のセームは持っている事を私たちは自負しています。また、インターネットなどで情報が簡単に手に入る現在、セームの評判はと言うと本当に酷い 物でした、これでは昭和50年代の状況と同じであり、1000年近く続いた鹿皮の歴史を覆してしまう物になってしまいますので、危機感を感じ遅まきながら何とかしてみようと色々手を打っている次第です。
しかし、一番良いのは本物を解って頂き、本物を知って頂いた方から口伝えに広まっていく事が最良ですので、努力させて頂いています。

セーム定義

※鹿皮を使用した物
(最高級はキョン・・*常識があればキョンのみしか使いません)
※アルカリ膨醇ナメシ後鱈肝油還元させた物
※染色していない物
(セームの色は魚油還元時に自然に発色する物です、色物はありえません)

PAGE TOP

キョンの歴史

鹿皮は人間界において最初の衣服と言われる程古い物ですが、中でもキョンは独特の歴史を持っています、また世界中にキョン、またキョンと思われる言い伝えがあり常に最高級の物として扱われてきました。

日本では最初登場するのは卑弥呼の時代、卑弥呼が中国三国時代の魏の国に使者を送り魏の国の王(曹操の長子、曹丕)からその返礼として親魏倭王の印綬、銅鏡等と一緒にキョン皮が送られました。

*この由来は中国では春秋戦国時代以西周王朝(BC1000年)程度から中国に伝わるキョンの由来から来た物でキョンの皮を持つ物は家系を輪廻させ継続し、国を司る力を得る・・と言われて事から慶事の贈り物として使われたのが始まりです。

この後日本でも上記の由来から同じような目的で使われ輸入され続けました・・

日本では鹿信仰が有りますがこの鹿信仰の殆どは日本の和鹿を指すのではなく、このキョンを意味しています。

鹿信仰は藤原不比等による奈良興福寺南円堂の不空羂索観音(鹿皮観音)を中心としますが、これもキョンを指し余りにもご利益が大きいため天皇家、藤原家のみが祈願できる物とし一般の人々には閉ざされた観音像だった事でも有名です。

また日本書紀(古事記)にもイザナギの尊が黄泉の国でキョン皮の袋を破りこれを食して生きながらえた事、また仏教ではお釈迦様が入場する時に鹿の柄の杖を付き鹿の衣を着て入場したと言い伝えられ、仏教のみならずヒンズー教ではシバ神が鹿の衣を着て力の象徴にもなっています、これらは全てキョンを指し中国古来の言い伝えを生かした物です。

奈良時代に入ると本格的に中国からキョンの輸入が始まりこの輸入は鎖国時代の江戸末期まで続き江戸中期には全輸入物の中でも最多量を誇るようになります。
キョン皮は位を与える時の贈答品の一つとして使われ、色々な装飾品、武具などの材料にも使われ始め室町時代には既に皇族、豪族、武士上部勢力の宝物として扱われ戦国時代に入ると有力武将の家紋、鎧等にも使用されるようになり江戸中期になると豪商などの一般階級にまでキョンの袋物などが流通して行き、宝永7 年富士山の噴火の後、日本中から富士山の見物が流行し甲斐、甲府甲州でお土産物として印伝商品として消費し一般化していきました。

キョンセーム

上記のようにキョンは非常に古くから日本の文化にも関わり昭和に入ってからキョンはセーム処理技術の日本独特の技法が定着しメガネ、刃物、カメラ、洗車等の拭き物として定着しました。

現在セームはカメラ店、楽器店などで本物を扱っておられる所は殆ど無いに等しいと思います。
ましてや、大手の車洋品店、ホームセンターでは絶対に無理です。

PCの普及によりネット上で簡単に情報が手に入る現在、ネット上のセームの評価はと言うと余りにも悲惨な物でした・・

■カメラのレンズにはセームは使用しては駄目ですよ
■楽器の手入れにセームを使うのはとんでもない・・
■車の洗車にセームを使うと黄色くなり絶対使っちゃ駄目・・
■洗えると書いてあるが洗ったら硬くなって使えなくなった・・
等など・・と評価されており、私たちは驚いた次第です。
(セームと名の付く全く違う商品を本物のセームと思い込んで書き込みされた文章)

これらの責任は私たちにあります。(私たちの先輩)
当社本社地は奈良県宇陀郡菟田野町と言いまして本当に山の中です、車で5分 走れば東吉野村です、ここは日本でも唯一の毛皮鹿皮の地場産業をもつ生産地で昭和40年代には成人人口の80%がこの産業に係わった程なのですが・・
毛皮の部門では日本で唯一のプロの集結地であり、大手アパレルも毛皮に関しては私たちの技術と知識を必要として頂いています。
しかし、鹿皮はそのシェアの95%を確保しながらセームに対してはこの有様でした、それは鹿の売上げの85%は剣道具を中心とした武道具で私たちが鹿皮と言うと武道具様なんですね・・セームは3%の数字も持っていません、また、武道具用のほうがはるかに利益率も良いからです。
本来の理由は昭和50年代まではメガネやカメラを買うとサービス品でセームが付いて来ていたのが普通でした、車の場合の各メーカー愛車セットの一部として付属品になっていました、しかし、これらは私たちが直接売っていたのではなくブローカーが中に入って卸していたのです(当地域は田舎で生産は完全なのですが、営業は全く致しませんでした)
このブローカーが安売り合戦をし粗悪な物を持って行き、それと同時期に人工のメガネ拭き・クロス、今はスパークロス等が出回り、メガネ・カメラのメーカーもコストの面もあり殆どが人工品になったのです、様は粗悪品、類似品と人工クロスを比べて人工を取ったのです。
この状態を私たちの先輩たちはバカなブローカーが悪い物を持って行くからだ・・・と笑っただけだったのです、自分たちの利益に殆ど関係なかった為・・・また、再度自分たちで営業に行く事もしませんでした・・。
“自分達にとって鹿皮は武道具なのですが、消費者様にとっては鹿皮とはセームだった事を完全に忘れていました”
勿論メガネ業界・ハサミ業界・楽器業界でも品質に拘るところは、この本物のセーム以外使わず現在に至っているのが当社のセーム3%の売上げです。
上記の状態では完全に本物が忘れ去られてしまう・・・また、人工では絶対に有り得ない性能を本物のセームは持っている事を私たちは自負しています。また、インターネットなどで情報が簡単に手に入る現在、セームの評判はと言うと本当に酷い物でした、これでは昭和50年代の状況と同じであり、1000年近く続いた鹿皮の歴史を覆してしまう物になってしまいますので、危機感を感じ遅まきながら何とかしてみようと色々手を打っている次第です。

セームの種類

※鹿皮を使用した物
(最高級はキョン・・*常識があればキョンのみしか使いません)
※アルカリ膨醇ナメシ後鱈肝油還元させた物
※染色していない物
(セームの色は魚油還元時に自然に発色する物です、色物はありえません)

上記以外は世界タンナーズにより本当はセームと言う名前は付けられませんまた、本物を製造できる業者は無いに等しい状態です。

PAGE TOP

各ページに記載の写真・音声及び記事等の無断使用・無断転載を禁じます。
(C)Copyright 2009 KASUGA Co.,Ltd All rights reserved.